九州家庭教師協会では九州各県で無料の家庭教師の体験学習を受付中です

学習塾と家庭教師の違い

学習塾と家庭教師の違い

家庭教師と学習塾。我が家、我が子に向いているのはどっちかしら?そうお悩みのご家庭も多いのではないでしょうか。

学習塾のメリットは、他のお子さんと机を並べて集団学習することにより、競争心が芽生え成績も伸びる傾向にあるところ。また、合格実績や指導カリキュラム、受験情報が充実しているところなどが挙げられます。

家庭教師のメリットは、マンツーマン体制により教科ごとの得手不得手まで把握できるため、お子さんの能力や性格に合わせた細やかな指導ができるところ。また、振り替え授業など、時間の融通が利き、部活や習い事との両立がしやすいのも特徴です。

いずれを選択するにせよ一度は家庭教師と学習塾の情報を収集して、ご家庭の状況やお子さんの性格等を考慮した上で、比較検討してみるのが良いでしょう。 そこで以下に学習塾と家庭教師の違いをまとめておりますので、参考にしていただければと思います。

学習塾と家庭教師の違い
 
1.通学時間について

学習塾と家庭教師の違い
 
2.指導方法について

学習塾と家庭教師の違い
 
3.学習環境について

学習塾と家庭教師の違い
 
4.アフターフォローについて

学習塾と家庭教師の違い
 
5.料金について

学校以外にかかる教育費用については、文部科学省より発表された2004年度の「子供の学習費調査」によると
公立小学校のお子さんで年間「218,848円」
公立中学校のお子さんで年間「299,469円」
私立高校のお子さんで年間「265,231円」
を費やしていることがわかっています。このことから塾・家庭教師に費やす金額は、月に2万~2万5千円程度といえるようです。
そうは言っても「できるだけ料金は安いほうがいいに決まっている」と考えてしまいますよね。それに他のご家庭が、実際に学習塾や家庭教師にどれくらい費用をかけているのかも気になるところかと思います。
実際には、塾や家庭教師によっても違いますが、以下はだいたいの目安です。

学習塾と家庭教師の違いまとめ

ここまで塾と家庭教師の違いを見てきましたがいかがだったでしょうか。一概に「塾の方がいい」「家庭教師の方がいい」と言えるものではありません。
学習塾や家庭教師を選ぶ基準として、「入会金がないから」「月謝が安いから」など、ついお金の安さで比較しがちですが、一番重要な事は、「本人の性格や生活スタイルに合っているか?」「レベルにあった指導をしてもらえるのか?」です。

また、世の中には驚くような価格の家庭教師会社も多くあります。月謝の安さ、そのしわ寄せはどこへ行くでしょうか。それは講師の時給や研修などの部分かもしれません。 すべての会社がそうとは言いませんが、ただ低価格になればなるほど質も低下傾向にあるのは頭の片隅にでも入れておいていただけると幸いです。

それを考慮せずに決めた場合、結局は肝心の成績UPにつながらず、お金がムダになってしまうこともありますので、十分検討した上でお選び下さい。

お問い合わせ・資料請求

今ならお問い合わせした人全員に
限定特典をプレゼント

またLINEでも資料請求・お問い合わせは
受け付けておりますので
お気軽にご相談ください!

こちらのページも読まれています