【公立高校入試】弱点を洗い出す事が出来るのが家庭教師のメリット!

2021年09月24日

高校入試で家庭教師を利用するメリット

公立高校入試において家庭教師を利用する最大のメリットは、やはり弱点を洗い出せる点にあります。
家庭教師というだけでも、生徒に寄り添う形のきめ細かな指導に期待出来ますし、何より質問出来る相手が身近にいるのが強みとなります。
また、自習するのと比べて適度な緊張感が保てたり、学校の授業に合わせて柔軟に家での授業を変更出来る事も魅力です。弱点の洗い出しは特に、公立高校入試で重要な対策となりますが、生徒自身が気がついて対処するのは難しいです。
その為、客観的に分析したりサポートする相手が必要ですが、その場合、塾よりも生徒との距離が近い家庭教師の方が適しているといえます。弱点さえ分かれば、あとは公立高校入試に合わせて克服を目指したり、克服して自信をつける事が出来ます。 勿論、強みを伸ばす事も出来ますし、より確実に得点する為の実力が磨けます。

高校入試で気をつけたいこと

公立に限らず高校入試で問題となるのは、部分的な弱点を起点として、試験全体が不安になったり自信を損ねてしまう事です。しかし、小さなものでも着実に弱点を潰していけば、やがて高校入試に対する不安や恐怖感は薄れるはずです。
公立高校入試対策に使える時間は限られますし、弱点の洗い出しと対処を先延ばしにしても良い事はないので、早めに家庭教師をつけるのが賢明です。
家庭教師がいればもう安心というわけではないですが、少なくとも生徒が孤独感を覚えたり、立ち位置を見失いそうになる事は避けられるでしょう。

公立高校入試で家庭教師に求められるのは、弱点を的確に指摘出来るだけでなく、具体的な提案をしたり計画的な学習を実施する事です。
生徒は、弱点が分かっても対策方法も分からないと途方に暮れてしまうので、目指すべき道筋を示す事が出来る家庭教師が必要です。 当然ですが、生徒と先生の間には信頼関係が不可欠なので、言葉を信じて取り組める事が家庭教師選びにおけるポイントとなります。苦手な部分を克服出来ると、勉強が楽しくなって公立高校入試に対する意欲が高まりますし、合格が思い描けるようになるので受験生にとっての好循環が生まれます。

高校入試対策は九州家庭教師協会

公立高校入試対策は九州家庭教師協会(キューカテ)にお任せください。九州家庭教師協会で派遣する講師にお子様一人一人に合わせた独自の研修を複数回行います。
プロの指導員とともにお子様に必要な学習内容をスケジューリングしたり、お子さまに合わせたペースで適切な指導を行います。
もちろんカリキュラムもお子様一人一人に合わせた専用のオーダーメイドカリキュラムを作成。
公立高校入試を万全の体制でサポートしていきます。

コラム一覧はこちら

お問い合わせ・資料請求

今ならお問い合わせした人全員に
限定特典をプレゼント

またLINEでも資料請求・お問い合わせは
受け付けておりますので
お気軽にご相談ください!